アロマオイルで虫除けは出来る?アロマの防虫効果について

ジカ熱やデング熱などの感染症が流行する夏には、虫除けスプレーを使用して防虫対策を取ることが大切です。

しかし、市販の虫よけ剤は、強めの化学薬品が使用されていて安全面を不安に思われる方もいますよね?また、独特な匂いが苦手という方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方は、アロマを使ったオーガニックな虫除けスプレーはいかがでしょうか。

今回は、アロマオイルを使ったオーガニックな虫除けスプレーについて詳しく紹介します。虫の嫌がる成分や、その成分を含むハーブなどを紹介しますので、実際に使う際の参考にしてください。

アロマが虫除けに効果がある理由

庭に野菜や植物を植える際、虫除けになるからと一緒にハーブを植えることを勧められたことはありませんか?

植物は動物のように天敵に襲われても逃げることが出来ないため、害虫から身を守るために虫が嫌がる成分を生成していると考えられています。植物によって天敵が異なりますから、虫の種類によって苦手とする匂いにも違いがあります。

つまり、虫除けに使う植物の香りは、避けたい虫によって使い分ける必要があるということです。またハーブには、殺虫効果ではなく、忌避効果といって蚊を寄せ付けない効果があるという点も気を付けておきましょう。

今回は、特に気になる蚊の嫌がる成分とその成分を含むハーブなどについて紹介します。

蚊の嫌がる成分を含むハーブ

蚊が嫌がる成分は、シトロネロール、ソトロネラール、ゲラニオールです。

シトロネロールにはアルデヒド成分を含み、何もしない時に比べて2倍以上蚊に刺されにくくなるという研究結果があります。これら蚊の嫌がる有効成分を多く含むハーブは、レモンユーカリ、ゼラニウム、シトロネラ、レモングラスです。

シトロネロールは、皮膚刺激を起こすことがあるので、皮膚がピリピリする時は使用を控えるか、濃度を薄くして使用するように気を付けましょう。

ラベンダー・ペパーミント・ティーツリーにも虫除け効果があります。

スプレー容器にこれらのハーブのアロマオイルと精製水を入れて虫除けスプレーを作り、部屋や出入り口などに時々スプレーするだけで蚊よけになります。

レモンユーカリ

レモンユーカリは、レモンの仲間ではなく、レモンの香りがすることから名づけられたユーカリの一種です。

正式名は「ユーカリ・シトリオドラ」と言います。スパイスのような香りにシトラスが加わったようなさわやかな香りが特徴で、鎮静作用があります。夏場は暑さでイライラしやすい時期ですので、虫よけをかねて使うと気持ちも落ち着いて良いでしょう。

ゼラニウム

一般によく売られているゼラニウムは、甘いローズのような香りの中にミントのようなさわやかさを含み、古くから色々な使い方をされてきました。

ゼラニウムにはいくつか種類があり、中でも蚊よけ効果が高いのが、センテッドゼラニウムです。よくある園芸用ゼラニウムよりも虫よけ有効成分を多く含み、大きく育てたゼラニウムをたくさん窓辺に置いておけば室内へ蚊が侵入するのを防ぎます。ゼラニウムには気分を明るく高揚させる作用があるため、気分が不安定な時や落ち込んだ時、イライラする時にも効果が期待できます。

シトロネラ

レモンに似た強い香りを持つシトロネラは、効果抜群の天然虫よけハーブです。

ダニ予防にもなるので、コットンや古い布切れなどにシトロネラを少量染み込ませて洋服ダンスに置いておくと防虫効果を発揮します。また、ノミも嫌うので、犬などのペットを飼っているご家庭にも良いでしょう。ただし、猫は中毒を起こす危険性がありますので、舐めないよう気を付けて使用しましょう。消臭効果も期待出来、汗をかく夏場には最適なアロマです。

レモングラス

レモングラスはレモンユーカリと同様、レモンの香りがするため名前に「レモン」が入ったハーブです。

ススキのような長細い葉の植物で、心を元気にする作用があります。お茶や料理にもよく使われ、庭先で育てる家庭も多くあります。疲労感を回復したり、やる気をアップさせたりするので、集中したい時やリフレッシュしたい時におすすめです。アロマスプレーの他に、アロマポットなどで香りを部屋に充満させておくことも出来ます。

ラベンダー

ラベンダーには殺菌作用や消毒作用があり、ハンドクリームや美容クリームなどにも用いられるハーブの一つです。

衣類やカーペットなどの虫よけとしても使用できるので、乾燥させたラベンダーを小さな巾着に入れて出入り口に飾ったり、洋服ダンスに入れたりして匂いを楽しみながら虫よけをしている人も多いのではないでしょうか。鎮静作用があるので、枕の中に入れておくと良質な睡眠の助けになります。

ペパーミント

ミントには虫の忌避効果があると言われています。ペパーミントは繁殖力が強く育てやすいので、庭やベランダのプランターで容易に栽培することが出来ます。

お菓子に入れたりハーブティーとして愛飲されたりしている方も多いと思います。ゴキブリの虫よけ効果も期待できるので、小さな器に塩を入れてそこにペパーミントの精油を数滴たらし、シンクの下や戸棚の隅などゴキブリが出没しそうな場所に置いておくと良いでしょう。

ティーツリー

ティーツリーはオーストラリアに育つ低木で、ローズマリーのように長細い葉が多数ついています。

強い香りがして、この香りを虫は嫌がります。刺激が強すぎると感じる方は、レモンやミントと混ぜてさわやかな香りにすると虫よけ効果もアップしますし使い心地も良くなります。

アロマを使ってオーガニックな虫除けを!

ここまで忌避効果のあるハーブについて詳しく見てきました。

メーカーの作るオーガニック虫除けスプレーは、効果も高く日持ちもしますが、必要な精油さえ揃えてしまえばオーガニックタイプの虫除けは自分で作れない事もないんですよね。

アロマを使ってオーガニックな虫除けスプレー生活を始めてみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする